住宅ローン軽減する方法・条件

banner

公的・民的住宅ローンについて

住宅ローンは民間の金融機関や公的な機関が提供しています。そのため自分が借りる住宅ローンはどちらが提供しているローンにするかということを決定することになります。

公的ローンには、種類があります。ここではその公的なローンについて紹介して行きましょう。

年金住宅融資というものは、厚生年金と国民年金に加入している人が利用できる融資です。
この融資は年金の加入期間が3年以上で、延滞することなく保険料を納めていれば、借りることができます。

財形住宅融資というものは、積立貯金だと思っていいでしょう。給料の一部を積み立てて貯金をすることで、融資を受けることができます。特に財形住宅貯蓄という貯金をしている場合にのみ利用することができるので、計画的に積み立てておく必要があります。
また融資を受けるためには条件があり、契約当時の年齢が55歳未満で、契約から5年以上積立貯蓄をしていること。給料から天引で貯蓄をしていて、住宅のため以外では払い出しをしていないこと。残高は頭金以外は貸付を受けてから支払うことという条件があります。

このように頭金を作るために融資を受けることができるような制度があります。将来的に住宅を購入しようと考えている場合には、計画的に貯蓄を進めたほうがいいでしょう。他にも地方自治体が提供している住宅ローンもあるので、確認しておいたほうがいいでしょう。
住宅ローンを契約する際には、民間の機関や公的な機関から融資を受けることになります。そのため自分にあった住宅ローンを選ぶ必要があり、どちらの機関のサービスも検討しておいたほうがいいのです。

民間の機関が提供している住宅ローンは非常に多くあります。銀行はもちろんですが、生命保険会社やJA、住宅ローンの専門会社が提供しています。

住宅ローンの魅力

NKJ56_mankenmottekuchiwokakusu500
民間の機関が提供している住宅ローンの魅力としては、種類が多いということになります。そのため自分の条件にあった住宅ローンを見つけやすいでしょう。また、融資額の条件などはサービスによって異なるので、多くのサービスから選択することは重要です。また、融資対象の条件も変わってくるので、自分が条件に会っているローンを探すこともできるでしょう。≪引用:住宅ローンの返済額を軽減させるならホムロン

また、最近では公的な機関が提供しているローンを民間の機関も提供するようになっています。そのローンがフラット35です。
フラット35の魅力としては保証料や繰上返済手数料が無料だということです。公的機関ならではのメリットと、民間の金融機関の手軽さというものがあります。
融資額の上限も高く、利用しやすいということで、人気が高いローンになっています。しかしデメリットもあり、つなぎ融資と呼ばれるような住宅ローンの利用の仕方はできなくなっています。

フラット35は民間のローンか公的なローンかがはっきりしないところですが、民間のローンだと思っておいて問題ないでしょう。

Copyright(c) 2013 住宅ローン軽減する方法・条件 All Rights Reserved.